×

  • 日テレNEWS NNN
  • スポーツ
  • 【ラグビーW杯】リーチがフッカー? 練習でスローイングを披露する一幕 流は室内で別メニュー

【ラグビーW杯】リーチがフッカー? 練習でスローイングを披露する一幕 流は室内で別メニュー

2023年10月1日 8:45
【ラグビーW杯】リーチがフッカー? 練習でスローイングを披露する一幕 流は室内で別メニュー
スローイングするリーチ マイケル選手
ラグビーワールドカップ2023フランス大会(9月8日~10月28日)

サモア戦に勝利したラグビー日本代表。激闘から2日後の現地30日に、試合後初めて報道陣に練習を公開しました。

この日はオフ明けとあって、スパイクを履かずにグラウンドに出てきた日本代表の選手たち。

まずは軽いウォーミングアップ。ランニングやストレッチをする選手などがいる中、リーチ マイケル選手とレメキ ロマノ ラヴァ選手がグラウンド中央でボールを持って距離を取ります。

すると、2人がスローイングを始めました。試合でラインアウトの際に、主にフッカーの選手が担うことが多いボールを投げ入れるスローイング。リーチ選手とレメキ選手がそれぞれ2回ほど投げ合いました。

サモア戦で、出場していたフッカーの堀江翔太選手が一時退場していた時には、リーチ選手がラインアウトで投げ入れましたが、相手に取られたシーンもありました。

ただこの日の練習では、ウォーミングアップの一環としてやっていたもようです。

また、サモア戦当日にコンディション不良で出場を回避した流大選手は全体練習に参加せず、室内に姿がありました。