×
  • KKT NEWS NNN
  • 【衆院選・熊本2区】共産党が27歳の女性党員を擁立 新人・奥田木の実氏

【衆院選・熊本2区】共産党が27歳の女性党員を擁立 新人・奥田木の実氏

2023年11月4日 11:49
【衆院選・熊本2区】共産党が27歳の女性党員を擁立 新人・奥田木の実氏

次の衆議院選挙に向けて共産党熊本県委員会は、熊本2区に党県ジェンダー平等委員会事務局長の奥田木の実氏を擁立すると発表しました。

■会見 県庁・1日
奥田木の実氏は、兵庫県出身の27歳で、去年3月に東京学芸大学を卒業後、益城町にある児童心理治療施設に就職。

その後、縫製アルバイトを経て、現在は共産党県委員会の職員として働いています。

党では県ジェンダー平等委員会事務局長などとして活動しています。

■奥田木の実氏
「国民の皆さんの中には生活が苦しく明日に希望が持てない、将来日本も戦争する国になってしまうのではないか、そう不安を感じる人もいるかと思います。国民の皆さん1人1人に主権者として持っている権利を使って一緒に社会を変えましょうとお伝えしたいです」

奥田氏は高等教育の学費無償化やジェンダー平等の実現などに力を入れたいと話しました。

衆院選熊本2区には、自民党の現職西野太亮氏(45)も立候補を予定しています。

熊本県内の他の選挙区では他党を支援へ

なお共産党県委員会は県内の他の選挙区については候補者を立てず、立憲、社民の候補者の支援にまわる方針を示しました。