×

装いは「学んだことを生かした集大成」美容専門学校の“華の卒業式” 8割は県内就職《長崎》

2024年3月11日 21:31
装いは「学んだことを生かした集大成」美容専門学校の“華の卒業式” 8割は県内就職《長崎》

思い思いの衣装で新たな門出を迎えました。

美容師などを目指す専門学校で、11日、卒業式が行われました。

緑の袴に合わせた鮮やかな髪飾り。

リボンが特徴のコーディネートは爪にもリボンをあしらいます。

長崎市で11日に行われた県美容専門学校の卒業式。

カラーやカットなどの技術を、2年間学んだ45人が旅立ちの日を迎えました。

(卒業生代表あいさつ)
「思うような結果が出ずに落ち込んでいたとき、励ましてくれた友人や先生方には、本当に助けられた」

「華の卒業式」といわれる県美容専門学校の卒業式。

個性あふれる衣装は、卒業生たちのこだわりが詰まっています。

(卒業生)
「母の着物で、全部自分で着てきた。美容学校で学んだことを生かして、全部集大成で」

4月からは美容師やアイリスト、エステティシャンなどの道に進む卒業生たち。

県内での就職率はおよそ8割と、去年よりも3割ほど増えているそうです。

(卒業生)
「長崎で美容師をする。2年間、学生の時にアルバイトをしている美容室があって、慣れているところでそのまま就職しようと思って」

(卒業生)
「親も美容師をしている。親の姿を見て美容師になろうと考えた」

(卒業生)
「アイリストになりたい。やっぱりまだマスクの時代だなと思うので、目元からおしゃれを楽しんでほしい」

卒業生たちは、今月3日に国家試験を終えていて、合格発表は29日の予定です。

    • NIB NEWS NNN
    • 装いは「学んだことを生かした集大成」美容専門学校の“華の卒業式” 8割は県内就職《長崎》