×

保護猫の支援に活用して!「2月22日 猫の日」に長崎市の尾曲がり猫神社が寄付金贈呈《長崎》

2024年2月22日 20:15
保護猫の支援に活用して!「2月22日 猫の日」に長崎市の尾曲がり猫神社が寄付金贈呈《長崎》

2月22日は「猫の日」です。

保護猫を支援しようと「尾曲り猫」をモチーフにした長崎市の専門店が寄付金などを贈呈しました。

長崎市役所を訪れたのは、「尾曲がり猫神社」の運営責任者 琴岡 翔子さんら2人です。

去年、神社に寄せられた さい銭やグッズの売り上げ金、あわせて22万円と、液状のペットフード222本を、市に寄贈しました。

長崎市のネコの殺処分数は、2003年度には4000頭を超えていましたが、ボランティアが不妊、去勢手術を行うなど 地域猫を守る取り組みを行い、今年度は、先月末時点で69頭で過去最少となっています。

(尾曲がり猫神社運営責任者 琴岡 翔子さん)
「人間と同じ命。長崎市は平和なまちなので、ネコも含めて平和に暮らせる長崎市になりたい」

(長崎市動物愛護管理センター 島﨑 裕子 所長)
「大変うれしく思っている。センターとして、なるべく地域猫活動の普啓発に使わせてもらいたい」

神社による寄付金の贈呈は、去年に続き、2回目です。

    • NIB NEWS NNN
    • 保護猫の支援に活用して!「2月22日 猫の日」に長崎市の尾曲がり猫神社が寄付金贈呈《長崎》