×
  • NIB NEWS NNN
  • ドアノブに波佐見焼を使用 波佐見町役場62年ぶりに建て替え 新庁舎で業務スタート《長崎》

ドアノブに波佐見焼を使用 波佐見町役場62年ぶりに建て替え 新庁舎で業務スタート《長崎》

2024年1月4日 11:29
ドアノブに波佐見焼を使用 波佐見町役場62年ぶりに建て替え 新庁舎で業務スタート《長崎》

波佐見町では、62年ぶりに新しい庁舎が完成し、業務がスタートしました。

4日、開庁した波佐見町役場の新しい庁舎は旧庁舎のすぐ隣の敷地に建てられました。

地上3階建てで、延べ床面積は3300平方メートル。

総事業費は、およそ22億円です。

前川波佐見町長
「役場はまちのランドマークにな ると思うので、町民も自分のも のとしてこの建物をとらえて利 用いただければ」

▼ドアノブなどには波佐見焼、
▼壁には町産の木材が
使われていて、町民に親しまれる庁舎を目指すということです。