×

「2度と不幸な事故を起こさせないために」 ウォータースライダーでの死亡事故検証委員会 島根県

2023年11月2日 18:01
「2度と不幸な事故を起こさせないために」 ウォータースライダーでの死亡事故検証委員会 島根県

今年8月に島根県邑南町にある瑞穂ハイランドのウォータースライダーで小学生が死亡する事故が起きました。この事故を検証する委員会が11月2日に発足。今後、事故の検証や再発防止策をまとめることとしています。

検証委員会には弁護士や医師、学識経験者など5人のほか、石橋邑南町長が出席しました。

邑南町 石橋良治町長
「今後は2度とこのような不幸な事故を起こさせないためにも具体的に様々な対応策を検討し、行動しなければならない」

事故が起きたのは今年8月。瑞穂ハイランド内のウォータースライダーで小学3年生の男子児童(8歳)に下ってきた別の児童が衝突。男子児童は意識不明の重体で病院に搬送されましたが、その後死亡が確認されました。ウォータースライダーではこれまでけが人はありませんでしたが、今回の死亡事故を受けて安全管理が問題となっています。

検証委員会では
・ウォータースライダーの危険性を施設側がどこまで想定していたか
・衝突した後の対応が適切だった のか
などが話し合われました。

邑南町デイキャンプ事故検証委員会委員長  中村健太 弁護士
「防ぎ得る事故であったというところは委員の皆さんの共通するところだと思いますので、より詳細に報告できればと思っています」

検証委員会では今年度中に、検証結果と再発防止策をまとめ邑南町に提出する予定です。

    • 日本海テレビNEWS NNN
    • 「2度と不幸な事故を起こさせないために」 ウォータースライダーでの死亡事故検証委員会 島根県