×
  • 日本海テレビNEWS NNN
  • 「緊張したけど伝わったと思いました」 姉妹都市提携を結ぶ“鳥取市”と北海道“釧路市” 児童たちがオンラインで交流会 鳥取県鳥取市

「緊張したけど伝わったと思いました」 姉妹都市提携を結ぶ“鳥取市”と北海道“釧路市” 児童たちがオンラインで交流会 鳥取県鳥取市

2024年1月23日 18:01
「緊張したけど伝わったと思いました」 姉妹都市提携を結ぶ“鳥取市”と北海道“釧路市” 児童たちがオンラインで交流会 鳥取県鳥取市

鳥取市と姉妹都市提携を結ぶ北海道の釧路市。1月23日、鳥取市の児童が北海道釧路市の児童に向けて鳥取の魅力などを伝える交流会が行われました。

1月23日、鳥取市賀露小学校4年生の49人は、姉妹都市・北海道釧路市にある鳥取小学校の4年生とオンライン交流を行いました。

1963年から姉妹都市提携を結んでいる鳥取市と北海道釧路市。賀露小学校と鳥取小学校の交流は2020年から始まり毎年2、3回オンラインを通じて互いの地域や学校について理解を深めています。

1月23日は、鳥取市の伝統芸能などを劇や写真を使って紹介。さらに、クイズを交えて学校の歴史も説明しました。

児童
「前に打吹だんごを食べてめちゃくちゃ美味しかったので、発表しようと思いました。いつか食べてもらいたい」

「緊張したけど伝わったと思いました」

Q.釧路の反応をみて
「驚いたとかがあったと思います。うれしかったです」

また、質問コーナーでは、地域性の違いに驚く場面や、地震の被害を確認するなどして遠く離れた場所にいても互いを思いやる様子も見られました。

賀露小学校によりますと、今後は児童らが作った作品を送り合うなどして交流を続けたいということです。