×
テレビ大分
  • TOS NEWS NNN
  • トリニータJ1昇格へ 片野坂知宏監督が掲げる3つの目標 進化した“カタノサッカー”に注目 大分

トリニータJ1昇格へ 片野坂知宏監督が掲げる3つの目標 進化した“カタノサッカー”に注目 大分

2024年1月10日 19:40
トリニータJ1昇格へ 片野坂知宏監督が掲げる3つの目標 進化した“カタノサッカー”に注目 大分

「今年にかける」と題して活躍が期待されるアスリートなどをご紹介しています。
今回はファン、サポーターから大きな期待が寄せられています、大分に戻ってきたこの方です。

――片野坂知宏監督
「皆さん、こんにちは。そしてただいま!」

片野坂知宏監督、52歳。
トリニータの指揮官に3年ぶりに復帰しました。

――片野坂知宏監督(就任会見)
「復帰することを決断したかというと、やはり大分が好きだったということトリニータへの思いがありました」

片野坂監督は2016年、低迷するトリニータの監督に就任するとわずか3年で、J1に復帰。
歴代最長となる6年間に渡りチームを率いました。

しかし、2021年、J2降格の責任をとって監督を退任しました。

Q.就任に迷いは…?

――片野坂知宏監督
「降格したチームを、また昇格に導けるチャンスをいただいたというところでは迷いというよりありがたい気持ちが強かったですね」

そんな片野坂監督の今年の抱負は…
チームを再びJ1へと導くことです。

片野坂監督といえば、丁寧にボールをつなぐカタノサッカーと呼ばれるプレースタイルで全国のサッカーファンを魅了してきましたが…

今シーズンは、大きく進化した新たなカタノサッカーでJ1の舞台を目指します。

――片野坂知宏監督
「今の現代サッカーの中で勝つために、いいサッカーをするにはつなぐだけでは良くないので方向を縦にするようなイメージを持ちながら、そのためには強度も必要になってくるのでそういうチャレンジはしたいなと思っています」

2024年、片野坂監督はJ1復帰とともに2つの目標を掲げてシーズンを戦います。

――片野坂知宏監督
「非常にポテンシャルのある選手が、若い選手がいるので、トレーニングの中から意識して成長させていきたいと思います。本当に時間をかけてだと思います」

その1つが、若手選手の育成です。
昨シーズンから、チームの若返りを図るトリニータ。
現在の平均年齢は24.9歳。
若手選手の成長がチームの命運を握っていると言えます。

――弓場将輝選手
「しっかり鍛えられて今年1年、頑張っていきたいなと思っていますし、期待されている分、成長していい姿を見せられたらなと思っています」

そして、もう1つの目標が…

――片野坂知宏監督
「熱狂することによってまた足を運んでいただける、見に来ていただける。そういったアグレッシブな、躍動するサッカーをしたいと思います」

片野坂監督が口にした「熱狂」という言葉。
スタジアムを熱狂させる新たな戦術がすでにミーティングから選手に伝えられています。

――野村直輝選手
「どういったものを僕たちに学んだものを落とし込んでくれるかすごく楽しみな部分もあります。熱狂させられるように体現できればと思っています」

折りしもことしはチーム創設30周年。この節目の年に再びトリニータの指揮を執る片野坂知宏監督にはJ1昇格、若手選手の成長、そしてスタジアムを熱狂させる。3つの目標とともに2024年の戦いに大きな期待が寄せられます。


――片野坂知宏監督
「しっかり自分が培ってきたものそして新たにインプットしてきたものをまたピッチでしっかりと表現し、良い結果につなげていきたいと思います。今シーズン、よろしくお願いします」