×

「偉大な先輩を追い越せるように」明豊ナイン悲願の日本一へ 初戦は19日 敦賀気比と対戦 

2024年3月13日 20:56
「偉大な先輩を追い越せるように」明豊ナイン悲願の日本一へ 初戦は19日 敦賀気比と対戦 

「気を付け!お願いします」「お願いします」

センバツの開幕が近づいた3月、大分県別府市のグラウンドでは気合を入れて練習に臨む明豊高校野球部の姿がありました。

明豊は、3年前のセンバツで大分県勢として54年ぶりに決勝に進出。チーム初となる準優勝に輝きました。
現在のチームのメンバーは、その時の先輩の活躍を見て明豊に入学した世代。優勝に向けて、思いもひとしおです。

◆山内真南斗主将
「偉大な先輩方とまずは肩を並べたので、そこを追い越せるように。もうそこは優勝しかないと思うので、絶対優勝できるように頑張りたい」

明豊のエースは野田皇志投手です。
140キロ台の直球に変化球を織り交ぜて打たせて捕るスタイルで、持ち味は「強気のピッチング」。
冬のトレーニングで直球の伸びも良くなり、カットボールを習得したことで投球の幅も広がりました。

◆野田皇志投手
「カットボール、チェンジアップを使いながら相手に球種を絞らせないようにして打ち取りたい。日本一だけ目指して頑張ります」

打撃の中軸を担うのは、去年の夏の甲子園にも出場した石田智能選手です。

◆石田智能選手
「去年はやっぱ打てばいいというそれだけだったが、今年はチャンスでの1本、チームが苦しいところで1本打ったり、試合の流れを変える一打が打てればいい」

また、今回のセンバツから高校野球のルールが一部変更されます。
その1つが、金属バットの直径が従来よりも3ミリ細くなること。
反発する力を抑えて打球によるけがを防止するためですが、選手たちからはボールが飛びにくくなったとの声が聞かれます。

これまで以上に1点の重みが増す中、明豊では走塁練習にも力を入れています。

◆篠川拓也部長
「帰塁の時も一緒ね」

篠川部長は去年4月に就任しました。
社会人野球で培った技術を選手へ伝えていて、この日は無駄な動きをせず最短距離で走塁する方法を指導していました。

◆山内真南斗主将
「走塁に関しても意識を上げてやってきたし、打球判断であったりランナーとし て一歩目を良いスタートを切る練習というのは常にやってきたので、そこは自信がある」

明豊は大会2日目となる3月19日の第2試合で、福井の敦賀気比と対戦します。
4年連続11回目の出場で、2015年にはセンバツで優勝した強豪です。

◆山内真南斗主将
「自分たちはここまで多くの人に支えられてきたし、勇気や感動であったり何かを伝えられるような試合をしたいと思っているので、一球一球全力で必死になって取り組みたい」

◆全員
「優勝するぞ!」「よし!」

明豊高校は14日以降、甲子園球場などで練習を行い、本番に向けて調整を進めるということです。

    テレビ大分
    • TOS NEWS NNN
    • 「偉大な先輩を追い越せるように」明豊ナイン悲願の日本一へ 初戦は19日 敦賀気比と対戦