×

線状降水帯の予測情報 「県単位」で発表に変更 気象庁が28日から 山梨県

2024年5月15日 11:56
線状降水帯の予測情報 「県単位」で発表に変更 気象庁が28日から 山梨県

「線状降水帯」の予測情報の発表方法について、気象庁は5月28日から、現在の「地方」単位から「県」単位へと変更します。

発達した積乱雲が次々と連なる「線状降水帯」は豪雨災害を引き起こす要因となっていて、雨量や土砂災害などの危険度が基準を満たした場合、気象庁が「予測情報」を発表しています。

山梨県の場合、現在は「関東甲信地方」で発表されていますが、5月28日午前9時から、「県」単位での発表に変わります。

線状降水帯の予測精度が高まったことを受けた対応で、エリアを絞ることで、より「自分のこと」として危機感を感じてもらう狙いがあるということです。

    山梨放送
    • YBS NEWS NNN
    • 線状降水帯の予測情報 「県単位」で発表に変更 気象庁が28日から 山梨県