日テレNEWS
カルチャー
2017年3月23日 13:16

新喜劇・内場座長「アホになって帰って」

新喜劇・内場座長「アホになって帰って」
(c)NNN

 吉本新劇の座長・内場勝則(56)、お笑いコンビのガレッジセール、千鳥が23日、寄席「東京グランド花月」の開催発表会見を都内で行った。

 漫才・落語・コント・吉本新喜劇を盛り込んだ催し。5月2、3日に東京・赤坂で開催する。
 吉本新喜劇が「東京グランド花月」に登場するのは6回目にして今回が初めて。内場は「何も考えずに笑ってください。メッセージは一切ありません。笑って、アホになって帰ってもらえたら」と呼びかけた。

 初出場となる千鳥のノブ(37)は「一番面白い演芸は劇場にあると、(博多)大吉さんも(中川家)礼二さんも言っていますので、一緒に頑張りたい」と、きりり。
 ガレッジセールの川田広樹(44)は、桂文枝(73)やオール阪神・巨人といった大御所が参加することに触れ、「(ポスターの)最上段の師匠たちが、これだけ集まるイベントはない。すごい」と出演できる喜びを伝えた。