日テレNEWS
カルチャー
2018年3月25日 21:04

HKT、1年7か月ぶりに熊本でイベント

HKT、1年7か月ぶりに熊本でイベント
(c)NNN

 アイドルグループのHKT48が25日、グランメッセ熊本でイベント「大感謝祭」を開催した。

 本来はファーストアルバム「092」(昨年12月発売)の購入者が対象のイベントだが、今回の熊本会場に限っては同県在住者なら誰でも入場可に。
 熊本はグループにとって忘れられない場所であることが理由で、2016年8月に開催予定だった熊本県立劇場公演は熊本地震の被害で会場が損壊。場所を熊本城二の丸広場に移して無料イベントを開催したが、開始1時間後に雷雨による天候悪化で結局、中止になったため、メンバーはこの日、さまざまな思いを胸に会場入りした。

 今回の「大感謝祭」は4つのステージのほか、さまざまな屋台ブースも展開。
 ステージでは鏡割りやトークはもちろん、ダンスパフォーマンスや寸劇を披露し、来場者と一緒に行うゲーム大会も行うなどしてファンと交流した。

 熊本出身の田中美久(16)は「途中で残念ながら中止となってしまった、熊本城二の丸広場でのイベントから約1年7か月ぶりに今回、アルバムの発売イベントでHKT48のみんなで熊本に帰ってくることができました。皆さんと楽しく盛り上がることができて、本当にうれしいです」とコメント。
 約3000人が来場し、「たくさんの熊本の方々にお越しいただき、とても温かく『おかえりなさい』と迎えてくださって、とても感動しました。今度はコンサートで、大好きな地元・熊本県に帰ってくることができればと思っています」と約束した。