×

  • 日テレNEWS NNN
  • カルチャー
  • Sexy Zone・マリウス葉 引退に至った経緯を告白「芸能界に復帰する未来図が描くことが出来ず…」

Sexy Zone・マリウス葉 引退に至った経緯を告白「芸能界に復帰する未来図が描くことが出来ず…」

2022年12月27日 12:41
Sexy Zone・マリウス葉 引退に至った経緯を告白「芸能界に復帰する未来図が描くことが出来ず…」
ジャニーズ事務所
5人組グループ・Sexy Zoneマリウス葉さん(22)が、12月31日に東京ドームで行われるコンサートをもって芸能界を引退することを27日、所属事務所が発表。マリウスさんが、コメントを寄せました。

マリウスさんは、2020年12月から体調不良で活動を休止。当時、芸能活動と並行して学業にも意欲的に取り組んでいたマリウスさん。所属事務所は、“何事にも完璧を目指したい”という姿勢が、かえって自身に対する過度のプレッシャーとなり、社会生活において心身のバランスを崩してしまう結果につながった、と活動休止に至った理由を明かしていました。

■マリウス葉「自分を見失ってしまいました」

11歳から人生の半分近くをSexy Zoneとして過ごしてきたマリウスさんは、「2020年の12月、芸能活動休止に至りました。その主な理由は事務所からご報告させていただいた通り、心身のバランスを崩したことによる体調不良でした。幼少期をドイツで過ごし、東京に移り住むことにより、文化の違いに戸惑うことも少なくありませんでした。ファンの方々、メンバー、家族、関係者の方々の期待に応えたい、そして皆さんに喜んでもらいたいという気持ちは芸能界に入ったころから強く、期待に応えることが出来たときには、とても強い幸福感を感じていました」と明かした上で、「しかし、年を重ね、期待に応えたいと精進するうちに、自分が本当はどんな人間なのか、何が好きなのか、何が必要なのか等わからなくなり、自分を見失ってしまいました。そのような状態で仕事や学業に励むことが困難となり、休止に至りました」と、活動休止を決断した経緯を説明。

さらに、「休止発表後、しばらくはドイツで心身医療の専門家のサポートを受け、治療と療養に専念していましたが、その期間が、自分の人生を振り返り、自分と向き合う機会ともなりました。そして、根本的な解決や、芸能界復帰が可能なまでの体調回復には至りませんでしたが、日常生活を取り戻すために、2021年の夏ごろにまず学業の再開から試みることになり、2021年9月にスペインの大学に編入しました。グループとの強い繋がりは、常に心の支えとなってくれ、そして、僕の復帰を待ち望んでいる方々の想いに応えたいという強い願いがありました。ただ、日常生活を取り戻す中で、日本に帰国して芸能界に復帰するという未来図が描くことがどうしても出来ずに、葛藤の末、芸能界引退を考えるようになりました。この葛藤をメンバーや事務所に伝え、何度も話し合いをした結果、(メンバーである)4人のお兄ちゃんは“マリウスの健康と夢を応援するよ”と言ってくれ、今年の年末に卒業することになりました」と明かしました。

■将来は「世界中の困った人たちの役に立てる人間に」

最後に、「Sexy Zone、ファンの皆さんと過ごした年月は、僕のかけがえのない財産です。Sexy Zone のみんながより多くの人に愛され、皆さんと忘れられない貴重な時間を末永く共有できることを心から祈っています。これからは、ファンの一員としても Sexy Zone を応援していきます。そして僕は、日々の生活の中で人々の役に立ち、何かを与えられるよう、自分なりにベストを尽くしていきます。未来のどこかで僕たちの道が重なる日まで、皆さんの健康と幸せを祈っています」とメンバーとファンへの思いをつづりました。

スペインの大学では、政治や、哲学、法律、経済学や国際弁護の勉強をしているというマリウスさん。今後は、大学を無事に卒業することを目標に、将来、世界中の困った人たちや国際社会の役に立てる人間に成長していきたいと明かしています。