×

  • 日テレNEWS NNN
  • カルチャー
  • 小田和正75歳 “最年長アリーナツアー”に一旦幕 コロナ感染乗り越え地元・横浜でフィナーレ

小田和正75歳 “最年長アリーナツアー”に一旦幕 コロナ感染乗り越え地元・横浜でフィナーレ

2022年11月10日 22:15
小田和正75歳 “最年長アリーナツアー”に一旦幕 コロナ感染乗り越え地元・横浜でフィナーレ
小田和正さん(C)カメラマン:菊地英二
歌手の小田和正さん(75)が9日、全国ツアーのフィナーレを地元・横浜で開催。自身のコロナ感染で振り替えとなった公演を残すものの、“最年長アリーナツアー”に一旦幕を下ろしました。

小田さんにとって3年ぶりとなる全国ツアー『Kazumasa Oda Tour 2022 「こんど、君と」』。今年6月、“74歳8か月”という国内男性ソロアーティストとして“史上最年長”となる全国アリーナツアーをスタートさせました。

■“コロナ感染” “台風直撃”乗り越え…地元・横浜でフィナーレ

自身の新型コロナ感染により公演が延期となったり、台風の影響により中止となったりと、途中“やむを得ないハプニング”に見舞われましたが、フィナーレとなる横浜公演にたどり着いた小田さん。

ライブ冒頭に「一部なんだか今日がファイナルみたいな雰囲気が漂っているように思えますが、まだ沖縄公演が残っていますし、沖縄のイベンターが今日遊びに来ているので傷つきますから(笑) まあ、セミファイナルという感じで盛り上がっていきたいと思います」と、11月と12月に延期となった沖縄公演を気遣うMCを披露。新曲やおなじみのヒット曲を織り交ぜたセットリストで、花道を縦横無尽に動き回りながら1万3000人の観客を盛り上げました。

また、来年5月からツアーの追加公演を行うことが決定。小田さんは「その頃はもしかして一緒に歌えるようになっていることを願って、皆さん健康に注意してまた付き合ってください。どうもありがとうございました!」と観客に語りかけ、全25曲、約2時間半に及ぶ公演を成功させました。