日テレNEWS
カルチャー
2021年7月12日 15:48

休養していた柏木由紀、芸能活動再開を発表

休養していた柏木由紀、芸能活動再開を発表
(c)NNN

脊髄髄内腫瘍の摘出手術を受け、休養していたAKB48の柏木由紀さんが、15日から芸能活動を再開することを所属事務所が発表しました。

柏木さんが所属するワタナベエンターテインメントは12日、公式サイトで「先日ご報告の通り、柏木由紀は「脊髄髄内腫瘍」を摘出し、療養中でございましたが、術後の経過も良く無事に退院し、現在定期的にリハビリに通う生活を送っております。本人からの活動再開に向けての強い意志を鑑みて、主治医師の許諾のもと、この度、誕生日を迎える7月15日より活動再開することをご報告申し上げます」と公表しました。


【柏木由紀さんコメント】
「脊髄髄内腫瘍」摘出手術に際して、ご心配とお励ましを頂き本当にありがとうございました。お陰様で、無事に手術が成功して、リハビリも順調で、お医者様も驚くほど回復しております。
正直、ほっとひと安心しています。病気を知ってから、もしも、歌うことや踊ることが出来なくなってしまったらどうしよう、という不安が常にありました。
そして、帰る場所があるということがどれだけ支えになるか、実感した1ヶ月でした。
たくさんの方にご迷惑やご心配をおかけした分、これから、これまでよりも、もっと元気に皆さんに恩返ししていきます。改めて、よろしくお願いいたします!


写真:Imaginechina/アフロ