日テレNEWS
カルチャー
2022年1月25日 21:00

神戸女子・浅野ゆう子、地元の魅力アピール 大阪と一緒にされると「プライドが…」

神戸女子・浅野ゆう子、地元の魅力アピール 大阪と一緒にされると「プライドが…」
地元・神戸の魅力をアピールする浅野ゆう子さん

俳優の浅野ゆう子さんが、25日放送の日本テレビ系「踊る!さんま御殿!!」に出演。神戸出身として地元愛を熱く語り、「一番、神戸がおしゃれ」と主張しました。

今回の放送は「関西女子VS東京女子 仁義なきローカルバトルSP」。関西出身者と東京出身者が、東西の価値観の違いをトークで浮き彫りにしました。

兵庫県神戸市出身の浅野さんは、他の関西の出演者が大阪府出身のため、「今、ずっと聞いていると、関西の代表は『大阪』になっているじゃないですか。私、大阪じゃないんですよ。私、神戸なんですね。だからひとくくりにされると、プライドがクッとくる」と、違和感を打ち明けました。

そして、「言葉遣いもイントネーションも同じなんですが、大阪と神戸ではちょっと違う」と話し、「大阪だと“何してんねんな!”となるんですが、神戸だと“何やっとん?”でかわいい」と微妙な言い回しの違いを説明。

大阪出身の3時のヒロイン・福田麻貴さんが「性格が違うじゃないですか!“何してんねんな!”と“何やっとん?”って、(全然)違う人」と、話す雰囲気を変えて話す浅野さんに反論。そんな指摘にもどこ吹く風の浅野さんは、「一番、神戸がおしゃれだと思っているんですよ。海外のブランドの路面店、旗艦(きかん)店ができるのも神戸から」と魅力をアピールし続けました。

すると司会の明石家さんまさんから「でも、アホのことは“だぁーぼー”って言うんでしょ?」と方言について質問されても、「(それは)神戸弁?」と首をかしげ、さんまさんが「姫路」と答えるやいなや、「姫路は神戸じゃない」とバッサリ。出演者から「怖いー」と声が上がっていました。