日テレNEWS
カルチャー
2021年8月5日 18:43

「THE FIRST」現在7位レオ

「THE FIRST」現在7位レオ
(c)NNN

「日本から世界で活躍するボーイズグループを作る」という思いから、ラッパーSKY-HIさん(AAA日高光啓)がスタートさせたオーディション『THE FIRST』。

参加者の募集から10か月が経ち、デビューメンバーの発表が迫った今、最終メンバーに名を連ねた10人を特別取材。それぞれが抱くオーディションへの思い、そして合格への意気込みを聞きました。

『THE FIRST』は、日本テレビ系列『スッキリ』や『Hulu』で現在放送中の人気コンテンツ。“参加者の成長や葛藤”“仲間との絆”などのドキュメンタリー要素が色濃く「誰が落ちても泣く」「オーディションにハマったコトなかったのに……」と、この“ザスト”沼にハマる人が続出しているオーディションです。


■大手事務所の元育成生 ムードメーカーを担うリーダー格

今回ご紹介するのはレオ(上村礼王)さん。東京都出身、1998年9月生まれの22歳です。4次審査の合宿ではSKY-HIさんから大きな課題を与えられて苦悩するも克服。大手事務所の元育成生ということもあり、グループ経験が豊富で、ムードメーカーとしての役割も担っています。チームを楽しく引っ張っていく姿に「リーダーはレオがいい」との呼び声が高い人物です。


— レオさんが影響を受けた楽曲はありますか?

「エミネムの『Lose Yourself』です。高校の英語の授業で『8Mile』という映画を見て、帰って歌詞を調べた時にすごい衝撃を受けて、それから本番前の朝や、電車の中、気合を入れたい時に聴くようにしています」

— レオさんが“大切にしている物事”はなんですか?

「ちょうど音楽がやりたいと思っていたころ、母方の祖母が倒れてしまって、家族にもあまり相手にしてもらえませんでした。そんな時期に、毎年夏に会う祖父のもとへ行きました。その時に僕は知らされていなかったんですが、祖父はガンを患っていて、先が長くないと言われていたんです。何も知らなかった自分は祖父に“俺アーティストになりたいんだよね”って伝えたんですが、たった一言“おぉそうか、頑張れよ”って言ってくれて。その後、亡くなりました。“頑張れ”なんて今まですごく言ってきたし言われてきた言葉だけど、この時は僕の背中を押してくれた言葉で、アーティストの夢を一歩進めてくれた言葉になりました。自分も誰かにとってのこの『たった一言』を伝えられるアーティストになりたいと思っています。この出来事は自分のアーティストとしてのあり方を作っていますし、自分を支えてくれるものなので、すごく大切です」


■SKY-HIに惚れてしまった男 「自分の人生をここに賭けたい」

— アーティストを目指したキッカケを教えてください。

「小・中学で野球をやっていた時、プロを目指していて、でも周りとのレベルの差やいろいろな壁にぶつかって自分自身が嫌になることがあったのですが、そういう時は夜散歩をしながら音楽を聴いていて、何度も心を救われました。そこで音楽をやりたいなと思い始め高校生の時に音楽の道に進みました。その後、SKY-HIさんのMV撮影に参加して、一つの作品に対する姿勢にすごく惚れてしまって大好きになりました。“SKY-HIさんのようなアーティストになりたい”と思い参加を決めました。自分の人生全てをここに賭けたいと思っています」

— オーディションで成長したと感じたことはありますか?

「先生やSKY-HIさんがプロの知識を教えてくれることで確実に歌とダンスは伸びています。なにより、メンバー全員が上を目指しているので、オーディションということを忘れるくらい全員が高みを目指して、フェアに戦おうという意識があります。蹴落とすのではなく、全員が成長して自分ももっと成長して自分を証明する。そういう空気感のおかげで歌とダンスが成長しました」

— オーディションで嬉しかったことはありますか?

「まずは、SKY-HIさんやスタッフのみなさん、メンバーに出会えたことが嬉しかったです。全てが宝です。そしてオーディションに参加したことで、家族や親族が明るくなったのは本当に嬉しかったです」

— オーディションで印象的だった人はいますか?

「合宿第一審査のチームAはすごく思い入れがあります。個を尊重して高みを目指せるし、すごく仲がよかったのでソウタ、テン、マナト、ナオキはとても印象的です。ショウタくんとはお互い色々相談し合って、合宿以外でもたくさん電話したりしたので頼れる先輩って感じです」


■“上村礼王”というブランドを最大限発揮「必ず勝ち取る!」

— レオさんはどのようなアーティストを目指していますか?

「自分の強みはグループ経験が他のメンバーよりも豊富な分、チームをどういう方向に持っていけばいいかなと全体を見て、いいエンターテインメントを届けることができます。もっと歌やダンスのスキルをあげて、見ている人の1秒1秒をいい思い出にできるようなアーティストになります。1秒1秒は戻らない過去になっていくので、妥協せず、いいパフォーマンスを届けます。

— 合格への意気込みを教えて下さい。

「THE FIRSTの集大成として“上村礼王”というブランドを最大限発揮しつつ、自分の人生を賭けた良いパフォーマンスで最高のエンターテインメントを届けます。そして夢を叶えて夢のその先を見に行きます。必ず勝ち取ります!!よろしくお願い致します」


写真:現在7位 レオさん(C)BMSG