日テレNEWS
カルチャー
2022年4月16日 22:10

宇多田ヒカル “世界最大級音楽フェス” コーチェラ出演を報告 “ワロタ”のワケ

宇多田ヒカル “世界最大級音楽フェス” コーチェラ出演を報告 “ワロタ”のワケ
宇多田さんと同じステージに立つ出演者(Photo: Zhong Lin)

シンガー・ソングライターの宇多田ヒカルさんが、自身初となるアメリカの音楽フェスティバルの出演決定が、16日発表されました。

宇多田さんが出演する音楽フェスは、アメリカ・カリフォルニア州インディオの砂漠地帯“コーチェラ・ヴァレー”で行われる世界最大級の音楽フェス”コーチェラ・ヴァレー・ミュージック・アンド・アーツ・フェスティバル。現地時間16日に“88rising’s HEAD IN THE CLOUDS FOREVER”のステージでパフォーマンスをおこないます。

今回の出演は、世界各国のアジアを代表するアーティストに出演が依頼され、その日本代表として宇多田さんが選ばれたということです。“コーチェラ”のメインステージで日本人アーティストがパフォーマンスするのは2013年の『東京スカパラダイスオーケストラ』以来、9年ぶりとなります。

■他の人との違いに“ワロタ”

この音楽フェス出演について、宇多田さんは自身のツイッターで「88risingのショーンに誘われてちょっとコーチェラ出ることになりました」とファンに向けて報告。さらに、同じステージ立つ他のアーティストとの写真についても言及。自身が記入した名前について「『サインじゃなくて読みやすいように』ってお願いされたからただ普通に名前書いたら他の人みんなカッコいいサインでワロタ」と、自身と他アーティストのサインの違いを自虐しました。

この音楽フェスは、ハリー・スタイルズさん、ビリー・アイリッシュさん、スウェディッシュ・ハウス・マフィア x ザ・ウィークエンドが、各日のヘッドライナーを務め、全世界にライブ配信されるなど世界が注目するステージとなっています。