日テレNEWS
カルチャー
2021年10月30日 16:20

米津玄師 クリエイティブアワードで受賞

米津玄師 クリエイティブアワードで受賞
(c)NNN

米津玄師さんの『Pale Blue Letter』が、テレビ、ラジオCMの質的向上を目的とした国内最大級のクリエイティブアワード『2021 61st ACC TOKYO CREATIVITY AWARDS』でゴールド賞に輝きました。

『Pale Blue Letter』は、6月に米津さんが
インスタグラムとツイッターのアカウントに、ペールブルー1色の画像と『#PaleBlueLetter』の文字を投稿。これを加工すると、MVの公開時間がわかるという謎解き企画で、SNS上でトレンド入りするなど話題となりました。

作品はブランデッド・コミュニケーション部門(Aカテゴリー:デジタル・エクスペリエンス)にてゴールドを受賞。

また、メディアクリエイティブ部門にてシルバー、デザイン部門にてブロンズ、ブランデッド・コミュニケーション部門(Dカテゴリー:ソーシャル・インフルーエンス)にてブロンズ、ブランデッド・コミュニケーション部門(Bカテゴリー:プロモーション/アクティベーション)にてファイナリストに選出、計5部門で受賞しました。

これで米津さんは、去年の同アワードでの自身の3部門受賞を上回る2年連続の快挙となりました。

写真:『2021 61st ACC TOKYO CREATIVITY AWARDS』の5部門で受賞をした米津玄師さん