日テレNEWS
カルチャー
2021年11月30日 13:03

ヒロミ、妻・松本伊代の運転を心配

ヒロミ、妻・松本伊代の運転を心配
(c)NNN

タレントのヒロミさん(56)が29日、車へのこだわりのほか、妻でタレントの松本伊代さん(56)との思い出を語りました。

ヒロミさんはこの日、都内で行われた車のコーティング剤『SPASHAN』の2022年新製品発表会に、俳優の武田玲奈さん(24)とともに出席。車好きとして知られるヒロミさんは時にカスタムをしてしまうほどで、「“かわいくなったらいいな”っていう(のが動機)。僕は全部“かわいい”っていうたとえなんですけど、家のリフォームなんかも“こうやったら、かわいいのにな”とか。人が見てもどうも思わないかもしれないけど、自分の中ではそう思ったり。車とかもそう」と話しました。

武田さんは月に2回ほど車の運転をするそうで、「自分の車はまだ持っていないんですけど、運転は好きです」と告白。ドライブデートも好きという武田さんは「スーパーカーを所有するような男性が目の前に現れたら?」と聞かれると、「オープンカーとかも乗ったことがないので“乗ってみたい”ってなりますよね。一生に一度は乗ってみたいです。でも、自分で運転したいかも」と答えました。

ヒロミさんは妻・伊代さんの運転が心配のようで、「20代から乗っているので、運転歴は長いんですけど、トンネルが怖いっていうのと、高速(道路)であんまりスピードを出さないので、余計に危ないっていうね」と話し、「“ママ、もうちょっと出して”って言うと、“もうちょっと待って、今がんばっているから”って…」と夫婦のやりとりを明かしました。

伊代さんが今年、胸椎を圧迫骨折した際、献身的に支えたのがヒロミさんで、「もう介護ですよ、動けないんだもん。ベッドから起こしてとか、食事を用意してとか、お風呂にいれてあげてとか。いい練習になりましたよ」と当時の状況を報告。伊代さんがヒロミさんのやさしさに甘えることもあったようで、「だんだん向こうも動けるのに、動かなくなってくる。“パパ、これを取ってくれる?”って言って、“もう自分で取れるでしょ?”(って言ったら)“分かった”って取るからね」と語って笑わせました。