×

東京国際映画祭コンペ部門審査委員長にトニー・レオン 日本映画は「日本文化への大きな愛の始まり」

2024年5月17日 22:13
東京国際映画祭コンペ部門審査委員長にトニー・レオン 日本映画は「日本文化への大きな愛の始まり」
東京国際映画祭のコンペティション部門の審査委員長を務めるトニー・レオンさん
10月28日から11月6日にかけて開催される第37回東京国際映画祭にて、コンペティション部門の審査委員長を香港の俳優、トニー・レオンさんが務めることが発表されました。

1980年代に映画界に入ったトニー・レオンさんは、2000年に『花様年華』でカンヌ国際映画祭最優秀男優賞を受賞し、2004年のウォン・カーウァイ監督の映画『2046』などで国際的な知名度を獲得。2023年には第80回ベネチア国際映画祭で生涯功労金獅子賞を受賞しています。

トニー・レオンさんは「日本は私にとって、いろいろな意味で身近な国であり、このような形で映画の祭典に参加できることは、私にとって大きなことです。香港で育った12歳の頃から、当時の日本映画の名作を観に行っていました。このような映画館へのエキサイティングな旅が、私にとって日本映画、人々、そして日本文化への大きな愛の始まりであり、その愛はどんどん大きくなっていきました」と日本について話しました。

コンペティション部門の審査委員長に選ばれたことについては「私は、審査委員長を務めるにあたって、この映画祭が驚きに満ちたとても楽しいものになることを期待し、また確信しています。私が望むのは、質の高い映画の大胆なラインナップで、ちょっとした冒険を味わえることです。審査について、私が『感じる』のは、審査員の仲間と私自身の感覚を信じることが、審査のプロセスに貢献するはず、ということです」とコメントしました。

  • 日テレNEWS NNN
  • カルチャー
  • 東京国際映画祭コンペ部門審査委員長にトニー・レオン 日本映画は「日本文化への大きな愛の始まり」