×

  • 日テレNEWS NNN
  • カルチャー
  • 香川照之 自然の大切さを発信する活動再開 「昆虫たちに恩返しをしようと心に誓いました」

香川照之 自然の大切さを発信する活動再開 「昆虫たちに恩返しをしようと心に誓いました」

2023年8月26日 13:13
香川照之 自然の大切さを発信する活動再開 「昆虫たちに恩返しをしようと心に誓いました」
香川照之さん
2022年に一部週刊誌で“性加害疑惑”が報じられ、レギュラー出演していた番組を降板するなどしていた俳優の香川照之さん(57)が、今後の活動について発表しました。

香川さんは、一部週刊誌で“性加害疑惑”が報じられて以降、歌舞伎を中心に活動していましたが、25日、自身が代表取締役を務める、自然教育事業を行う会社の公式ページを更新。冒頭で「香川照之・市川中車でございます。これまで直接のメッセージをお届け出来ておらず、本当に申し訳ございません。まずは、沢山の方々にご心配やご迷惑をおかけしましたことを改めてお詫び申し上げます。また、これまで頂戴しました多くの方々のお支え、ご支援、応援、激励のお言葉に、厚くお礼申し上げます」と一連の騒動を謝罪しました。

さらに「昨年の報道の後、私をとりまく環境は大きく変化いたしました。しかし、今では、自分自身を見つめ直し、自分にとって本当に大切なものは何かを考えるよい機会をいただいたと感謝しております。私には、天から与えられたこの命があります。それはとても幸せなことです。そしてそれだけで、充分幸せなことだと思っています」とし、「この命を何に捧げるべきなのか、考える時間をいただきました。ひとつはいうまでもなく歌舞伎です。歌舞伎は、歌舞伎の家に生まれてきた私の宿命であると、人生の途中から一大決心し身を投げ打って自らを投じた家業でございます。数多の試練が続くことは承知しております。ですがこの試練に挑み続け、皆様のこれまでと変わらぬお支え、お力添えに引き続きご恩返ししなければならないことは、私の何よりの使命であります」と歌舞伎への思いを明かしました。

そして「もう一つが昆虫です。どんな厳しい環境に置かれても不満をもらさず、力強く自分の生態を活かし適応させ、黙々とその生を立派に全うする姿に、この一年、どれだけ励まされ元気づけられたか分かりません。引き続き、昆虫や昆虫を通した自然保護に関わり続けることで、幼いころから私の知的好奇心を育み、励まし続けてくれている昆虫たちに恩返しをしようと心に誓いました」とし、昆虫のキャラクターを通して自然の大切さを発信する『INSECT MARKET』の活動に戻ることを報告しました。

今後については「昆虫愛を子供服や絵本に込めて発信していくことに加え、今後は、子ども達との昆虫イベントや、専門家の方に教えを乞いながら生態系保全活動などに取り組みたいと考えております」としています。

最後に香川さんは「私は歌舞伎と昆虫を通した生態系保全に人生の残りの時間を粛々と費やしていきたいと存じています。目の前にある成すべきこと、挑むべきことに向かって邁進する所存でございます。引き続きのご支援を切にお願い申し上げます」と締めくくりました。