×

  • 日テレNEWS NNN
  • カルチャー
  • 長澤まさみ「そうだよね、けんちゃん」 松山ケンイチとあだ名で会話「僕もまーちゃんと同じ考え」

長澤まさみ「そうだよね、けんちゃん」 松山ケンイチとあだ名で会話「僕もまーちゃんと同じ考え」

2023年2月3日 22:40
長澤まさみ「そうだよね、けんちゃん」 松山ケンイチとあだ名で会話「僕もまーちゃんと同じ考え」
イベントに登場した長澤まさみさん (c)2023「ロストケア」製作委員会
俳優の長澤まさみさん(35)が、映画『ロストケア』(3月24日全国公開)の完成披露舞台挨拶に登壇。初共演となった松山ケンイチさん(37)と本作への思いを語り、あだ名で呼び合う場面も見られました。

映画は、献身的で心優しい介護士でありながら42人を殺害した斯波宗典と、その真実に迫り裁こうとする検事・大友秀美が対峙(たいじ)する社会派エンターテインメント。社会に絶望し、自らの信念に従って犯行を重ねる介護士役を松山さん、斯波を追い詰める検事役を長澤さんが演じています。

長澤さんは、自身の演技について「まだ冷静に見れない」と明かした上で、「自分が出ていないシーンにぐっとくるものがありました。身につまされる思い。見るべき映画だし、見て欲しい映画」とコメントしました。

また、作品を通じて観客に受け取ってほしいことを聞かれた長澤さんは、「将来の夢を語るのと同じように、老後のことも話し合うのが大事だと思います。言葉にして伝えていって欲しいです」と語ると、松山さんが「僕も、まーちゃんと同じ考え」と同意。これに、長澤さんも「そうだよね、けんちゃん」と、お互いをあだ名で呼び合う一幕もありました。