日テレNEWS
経済
2015年11月4日 10:35

郵政G3社上場 かんぽ生命初値2929円

郵政G3社上場 かんぽ生命初値2929円
(c)NNN

 「日本郵政」は4日、子会社の「ゆうちょ銀行」、「かんぽ生命」と3社同時に東京証券取引所に上場した。

 久々の大型上場として注目された4日の上場だが、取引が始まってからしばらくは買い注文が膨らみ、初値がつかない状態が続いた。その後、午前9時33分頃、まず、ゆうちょ銀行が1680円、次に日本郵政が1631円の初値をつけた。それぞれ売り出し価格から2割ほど上げており、順調な滑り出しと言える。また、かんぽ生命は2929円の初値がついた。

 取引開始後に行われた上場セレモニーでは、日本郵政の西室泰三社長が鐘を鳴らして、上場を祝った。

 4日に売り出されたのは、全体の株式の11%ほどだが、それでも、3社で計約1兆4000億円という巨額な資金を市場から調達したことになる。

 日本郵政グループ3社上場への期待もあって、日経平均株価は300円ほど上げて、午前10時現在、1万9000円前後で取引されている。

 この後、3社の社長は記者会見を行うことになっている。