日テレNEWS
経済
2016年10月3日 22:08

大戸屋“お家騒動”原因調査結果を公表

大戸屋“お家騒動”原因調査結果を公表
(c)NNN

 大戸屋ホールディングスは、去年創業者が亡くなって以来、創業者の息子らと対立が続いていることについて、原因を調査した結果を公表した。

 弁護士が行った調査によると、大戸屋創業者の息子・智仁氏は、経営陣が、自らを早期に社長にしないことなどについて不満を持ち、経営陣と対立している。

 これについて、第三者委員会は、創業家側は株式を18%しか保有していないにも関わらず、経営者になれるのは当然、という認識は、法令を理解していない、と指摘した。

 一方で、経営陣側についても、上場企業であれば適格性などを検討して人事を決めるべきなのに、創業者の生前の意向を絶対視するあまり、智仁氏に期待を抱かせたことは「非がある」と意見を出した。

 大戸屋は、今後も創業者の精神を受け継いだ飲食業を続ける上で、創業家側との和解に努めていく方針。