日テレNEWS
経済
2018年4月25日 15:04

斬新カレーパンサンド 開発のヒント台湾に

斬新カレーパンサンド 開発のヒント台湾に
(c)NNN

カレーパンを食パンではさんだ“カレーパンサンド”という商品が、「斬新すぎる」とネットで話題になっています。斬新な発想に至った経緯を聞きました。

東北6県のみでの販売でしたが、人気のため、関東の一部店舗でも臨時販売しているというカレーパンサンド。カレーパンをはさんでいるパンには、マスタード入りマヨネーズが塗られています。

フジパンの“金城軒カリーパン”を、専用の食パンではさんだ一品。開発のヒントになったのは“台湾グルメ”でした。

台湾にあったのは、パンにパンをはさむ食文化。パイ生地のパンに揚げパンをはさんだものは、揚げパン4本と卵焼きがサンドされています。このパン1個で、ご飯1.5杯分に近い342キロカロリーあります。

考えたのは、フジパン仙台工場の田中係長。普段はドーナツ製造に携わっています。田中係長によると、「ボリューム感があるので、学生や働き盛りのお父さんに食べてもらいたい」とのこと。

さらに、年間500個のカレーパンを食べるという、日本カレーパン協会の佐藤会長はこう語ります。

「オーブントースターでカリッとさせるとおいしい。そのままでも食べ応えがある。カレーパンがまるでコロッケのようなかんじ。具になっている」


【the SOCIAL trendより】