日テレNEWS
経済
2019年9月18日 14:44

来年就職の学生が詠んだ「これからサラ川」

来年就職する学生が詠んだ「サラリーマン川柳」ならぬ「これからサラリーマン川柳」が発表された。

「これからサラリーマン川柳」は、毎年「サラリーマン川柳」を募集している第一生命のグループに来年入社する予定の学生たちが就職活動をテーマに詠んだもの。

「AIと 面接するが 噛み合わず」(ぷにょ)

テクノロジーの進歩が就職活動にも変化をもたらしているといった句や

「似ているな どっちも難し 恋、就活」(さ)

など、就職活動の大変さや悲哀を詠んだ句が優秀作品に選ばれた。また、「学生時代に力を入れたこと」を「ガクチカ」と言うそうで

「ガクチカを コピペでうつす 誤字共に」(ゴロすけ)

といった新たな就職用語を使った句なども詠まれた。更には

「貯めなくちゃ 定年までに 2000万」(しまうま)

と入社前にもかかわらず、早くも老後の生活の心配をうたった句なども選ばれた。