日テレNEWS
経済
2020年10月26日 13:26

日本最速 映画「鬼滅の刃」興収100億円

大ヒット公開中の『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』が26日、興行収入100億円を突破したことがわかった。

映画配給会社によると、10月24日(土)の観客動員が111万5182人、興行収入は15億94万4600円。10月25日(日)の観客動員は115万7654人、興行収入15億4050万4150円を記録。

これにより累計興行収入は約107億円となり、公開から10日間で100億円突破は日本で上映された映画の中で史上最速記録となった。

<これまでの興行収入100億突破作品の公開日数>
順位/タイトル/公開日/突破日数/累計興収(億円)
1位『千と千尋の神隠し』2001年7月20日公開
   25日/308.0億円
2位『君の名は。』2016年8月26日公開
   28日/250.3億円
2位『ハリー・ポッターと賢者の石』2001年12月1日公開
   28日/203.0億円

「鬼滅の刃」は累計発行部数1億部以上を誇る人気漫画。
2019年にテレビアニメの放送が開始され主人公の竈門炭治郎(かまど・たんじろう)が、鬼になってしまった妹・禰豆子(ねずこ)を人間に戻すため、鬼たちに立ち向かう物語。

※禰豆子の禰は、ネに爾が正式表記