×

  • 日テレNEWS NNN
  • 経済
  • 【独自】来年度予算案、一般会計総額を過去最大の114兆3000億円を軸に最終調整 政府

【独自】来年度予算案、一般会計総額を過去最大の114兆3000億円を軸に最終調整 政府

2022年12月19日 16:17
【独自】来年度予算案、一般会計総額を過去最大の114兆3000億円を軸に最終調整 政府

政府の来年度予算案の原案が日本テレビの取材で明らかになりました。一般会計の総額を過去最大の114兆3000億円を軸に最終調整しています。

政府が来年度予算案の一般会計の総額を114兆3000億円を軸に最終調整していることがわかりました。5年連続で総額100兆円を超え、11年連続で過去最大を更新する見通しです。

原案では防衛関係費は今年度の当初予算より、1兆4000億円増額し6兆8000億円としています。

また、これとは別に特別会計の積立金など税外収入を活用し、将来の防衛力整備費にあてるための費用を3兆4000億円盛り込む方針です。

社会保障関係費は高齢化が進み前年より4000億円増加して、36兆9000億円とします。

新型コロナウイルスや物価高対策などには4兆円確保します。一方で、歳入については税収は過去最高のおよそ69兆4000億円を見込んでいます。

新規の国債発行額はおよそ35兆7000億円とし、今年度に続き、減額となります。