×

  • 日テレNEWS NNN
  • 経済
  • 「電力需給ひっ迫注意報」継続 発電所トラブルも…東電管内の電力需給がさらに厳しくなる可能性

「電力需給ひっ迫注意報」継続 発電所トラブルも…東電管内の電力需給がさらに厳しくなる可能性

2022年6月30日 10:21
「電力需給ひっ迫注意報」継続 発電所トラブルも…東電管内の電力需給がさらに厳しくなる可能性

政府は30日も東京電力管内に「電力需給ひっ迫注意報」を発令しています。そうしたなか、福島県にある勿来火力発電所9号機が30日未明からトラブルで停止していて、東北・東京電力管内の電力需給がさらに厳しくなる可能性があります。

東電管内では30日も電力の余力を示す「予備率」が5パーセントを下回る見通しで、政府は「電力需給ひっ迫注意報」を30日も継続します。

午後3時から6時の時間帯の電力需給が厳しくなることから、安定供給のため対策を急いでいます。

こうしたなか、30日午前3時頃に、福島県にある勿来火力発電所9号機でトラブルがおき、現在運転を停止しています。

午後3時から一部の復旧作業を終え運転を再開させる予定ですが、東北電力管内のほか、東電管内の電力需給が一層厳しくなる可能性もあり、経済産業省がこのあと11時から会見を行う予定です。

経産省は、冷房などを活用して熱中症対策に注意しつつ、使っていない照明を消すなど、できる限りの節電を呼びかけています。