日テレNEWS
経済
2022年5月13日 16:12

日経平均678円高 割安となった多くの銘柄で買い注文がふくらむ

日経平均678円高 割安となった多くの銘柄で買い注文がふくらむ

13日の東京株式市場で日経平均株価は大きく値を上げ、前日比678円93銭高い2万6427円65銭で取引を終えました。

平均株価が今週に入り、12日までで1200円以上、下げて節目の2万6000円を下回ったため、その反動で、東京市場では割安となった多くの銘柄で買い注文がふくらみました。

また、決算発表で業績の良い企業の銘柄にも買い注文が入り、株価上昇の要因となりました。

平均株価の上げ幅は700円を超える場面もありました。

東証プライムの売買代金は、概算で3兆5923億円。売買高は、概算で16億4818万株。