日テレNEWS
国際
2011年1月6日 9:07

NY株4日続伸、1万1722.89ドル

 5日のアメリカ・ニューヨーク株式市場で、ダウ平均株価は前日比約32ドル値を上げて取引を終えた。値上がりは4営業日連続。

 アメリカの雇用サービス関連会社が発表した去年12月分の雇用リポートは、民間企業での雇用が大きく増えたというものだった。10%に届きそうな高い失業率が大きな問題になっているアメリカにとってはプラス材料で、この結果、景気回復への期待感が高まり、優良株で構成するダウ平均株価は前日比31ドル71セント高い1万1722ドル89セントで取引を終えた。これで4営業日連続で値上がり、08年8月以来の高値に。また、ハイテク株中心のナスダック総合指数は20.95ポイント高い2702.20だった。

 今週の注目は、アメリカ労働省が発表する予定の雇用統計。