×

  • 日テレNEWS NNN
  • 国際
  • 日米韓首脳 3か国による毎年の共同訓練実施など確認…中朝けん制 バイデン大統領は拉致問題解決の姿勢強調も

日米韓首脳 3か国による毎年の共同訓練実施など確認…中朝けん制 バイデン大統領は拉致問題解決の姿勢強調も

2023年8月19日 8:10

アメリカで行われた日米韓首脳会談で、3か国の首脳は「日米韓パートナーシップの新時代」を宣言しました。現地から中継です。

会談が行われたアメリカ大統領の山荘「キャンプ・デービッド」です。豊かな自然の中で数々の歴史的な首脳外交が行われてきたこの場所で、3首脳は日米韓の協力の新たな始まりをアピールしました。

岸田首相「本日、ここに我々3人は『日米韓パートナーシップの新時代』をひらいていくという決意を示します」

バイデン大統領「我々の新しい協力関係を始める上で、新たな始まりと可能性を象徴する、ここ(キャンプ・デービッド)以上にふさわしい場所はない」

3首脳はノーネクタイのラフな装いでおよそ1時間会談し、昼食もともにしました。

会談後には、3か国の中・長期的な協力の指針「キャンプ・デービッド原則」や共同声明などが発表され、今後、少なくとも年1回、首脳会談を開催することを確認しました。

また、北朝鮮や中国を念頭に、3か国による毎年の共同訓練実施、さらにいずれかの国が安全保障上の脅威に直面した場合、速やかに3か国が協議することも確認されました。

ある日本政府関係者は「中国、北朝鮮への大きなけん制になるだろう」と手応えを口にしています。

一方、会見でバイデン大統領は北朝鮮による拉致問題に触れ、「被害者家族の愛する人のことを忘れるつもりはない。決してあきらめない」と述べ、解決に向け取り組む姿勢を強調しました。