日テレNEWS
国際
2017年9月20日 12:23

メキシコでM7.1の地震 139人が死亡

 メキシコ中部で日本時間の20日未明、マグニチュード7.1の地震があり少なくとも139人が死亡した。

 アメリカ地質調査所によると日本時間の20日未明、首都メキシコシティー近郊でマグニチュード7.1の大きな地震があった。周辺では多くの建物が倒壊し少なくとも139人が死亡した。

 地震発生当時は昼間で、メキシコシティーでは、3階建ての小学校が倒壊し、14人の児童と教師が閉じ込められているということで、救出活動が続いている。

 ペニャニエト大統領は緊急会議を開き、医療体制を強化するよう関係機関に指示を出し対応にあたっている。これまでに日本人の被害に関する情報は入っていない。