日テレNEWS
国際
2018年5月23日 22:36

韓国・李明博元大統領 初公判で全面否認

韓国の李明博元大統領が巨額の賄賂を受け取った罪などに問われている裁判の初公判が開かれた。李被告は起訴内容を全面否認し、「検察が無理な起訴を行った」と批判した。

李被告は23日午後、ソウル中央地裁で開かれた初公判に出廷した。韓国メディアによると、李被告は初公判で、財閥企業や情報機関から日本円でおよそ11億円の賄賂を受け取ったなどとされる起訴内容を全面否認。

「検察が無理な起訴を行った」と批判し、財閥企業から賄賂を受け取ったとされるのは、「衝撃的で侮辱だ」と述べたという。

李被告側は、逮捕前から革新系の文在寅政権による保守陣営への政治報復だと激しく反発していた。

韓国の大統領経験者が被告として法廷に立ったのは、朴槿恵前大統領らに続き、李被告で4人目。