日テレNEWS
国際
2019年5月20日 14:13

グーグル ファーウェイとの取引停止か

アメリカのIT大手、グーグルが、中国の通信機器大手、ファーウェイとの取引の一部を停止したと、19日、ロイター通信が報じた。ファーウェイの新製品で、グーグルの主要サービスが利用できなくなる可能性があるとしている。

ロイター通信が関係者の話として伝えたところによると、グーグルがファーウェイとの取引の一部を停止したことにより、ファーウェイのスマートフォンなどの新製品で、グーグルの「Gメール」や「ユーチューブ」などが利用できなくなる可能性があるという。

これは、トランプ政権がアメリカ企業に、事実上、ファーウェイとの取引を禁止したことを受けた対応とみられている。

最終的な取引停止の範囲は、社内で協議中とされ、グーグルの広報担当者は、NNNの取材に「私たちは規則を順守していて、現在、その影響を調査している」とコメントしている。