×

ハマスのロケット弾飛来 “アプリ”で攻撃覚知も “人質女性”の動画公開「早く家族のもとへ帰して…」

2023年10月17日 18:01
ハマスのロケット弾飛来 “アプリ”で攻撃覚知も “人質女性”の動画公開「早く家族のもとへ帰して…」

イスラエル軍が、パレスチナ自治区ガザ地区への地上侵攻に踏みきる可能性が高まる中、アメリカ政府はバイデン大統領が18日にイスラエルを訪問すると発表しました。

ガザ地区からおよそ65キロ離れたエルサレムでは、16日もハマスによるロケット弾の攻撃があり、イスラエルの迎撃ミサイルがドーンという大きな爆発音とともに撃ち落とす音が近くで聞こえました。

現地では、ハマスの攻撃を地域のサイレンとスマートフォンのアプリで覚知しています。ここには、着弾までの時間が1分半、それまでにシェルターに避難するよう書かれています。ただ、ガザ地区に近づけば近づくほど、着弾までに要する時間は1分、30秒、そしてガザ地区との境界に近い場所では、わずか15秒と、どんどん短くなり危険度が増すというわけです。

――人質の新たな情報は?

ハマスは日本時間17日未明、人質として拘束しているイスラエル人女性だとする動画をSNSに公開しました。

動画の中で女性は、「手当てを受け、薬ももらっている。一刻も早く家族のもとへ帰してほしい」などと訴えているということです。

地上侵攻への準備が整いつつあるイスラエル軍ですが、ハマスが人質を“人間の盾”として使うなど、難しい局面を迎えています。

さらにガザ地区の中には、ハマスとは何の関係もない多くの民間人が暮らしていて、いまこの瞬間も恐怖におびえながら生活を送っています。

「民間人を殺されたことへの答えが、さらに民間人を殺すことであってはならない」――これは、ある国連機関トップの言葉です。この言葉がイスラエル側に届くのか、緊迫した状況が続いています。

    • 日テレNEWS NNN
    • 国際
    • ハマスのロケット弾飛来 “アプリ”で攻撃覚知も “人質女性”の動画公開「早く家族のもとへ帰して…」