日テレNEWS
国際
2020年7月8日 15:31

米国務副長官「米朝対話の準備できている」

アメリカ政府で北朝鮮問題を担当するビーガン国務副長官は、訪問先の韓国で今回、北朝鮮側との接触は求めていないとする一方で、「対話の準備はできている」などと明らかにしました。

ビーガン国務副長官は8日、訪問先の韓国で康京和外相らと相次いで会談しました。

ビーガン氏は、北朝鮮の崔善姫第1外務次官が韓国訪問前に「アメリカと向き合う必要がない」との談話を出したことについて、「私は接触も求めていないので奇妙なこと」などと疑問を呈しました。

その上で崔次官から指示は受けないとけん制しつつ、対話の準備はできているとの考えを示しました。

ビーガン国務副長官「金委員長が私の交渉相手に権限ある人物を指名すれば、我々が(対話の)準備ができていると分かるだろう」

また、ビーガン氏は韓国政府が模索している南北協力の推進についても、アメリカ政府として支持すると明らかにしました。