日テレNEWS
国際
2022年7月1日 15:27

習主席、香港返還25周年記念式典で演説「安定には愛国者による統治が必要」一連の政策を正当化

習主席、香港返還25周年記念式典で演説「安定には愛国者による統治が必要」一連の政策を正当化

中国の習近平国家主席は1日、香港返還25周年を記念する式典に出席しました。演説では「香港の安定には、愛国者による統治が必要だ」と述べ、議会から民主派を徹底排除するなどした一連の政策を正当化しました。

習主席「香港の統治権を愛国者の手中にしっかりと掌握することは、香港の長期的な安定を保障するために必然的な要求だ」

習主席はまた、「過去の激しい社会不安も香港の前進を止めることはなかった」と述べ、2019年に起きた大規模デモを封じ込めた成果を誇示しました。

習主席の式典への出席は5年ぶりですが、香港で感染拡大が続く中、当局は式典の出席者を事前に隔離するなど厳戒体制が敷かれました。

習主席としては、こうした中でも式典に出席することで、香港の安定を印象づけるとともに、議会からの民主派の排除やデモ隊の取り締まりなど、急速に進めてきた統制強化を自らの成果として誇示する狙いがあるとみられます。