日テレNEWS
国際
2021年7月14日 4:21

磁石が腕に…米で接種関連デマ拡散 背景は

ワクチンを打った腕に磁石がくっつくという動画。もちろんデマですが、アメリカではSNS上で広がっています。背景にはインフルエンサーの存在もあるといいます。

     ◇

アメリカ・ニューヨークでは、ワクチン接種者だけが入れるコンサートが開かれていますが、会場前では、ワクチンに反対する人々らによる抗議デモが行われ、激しい言い争いが起きていました。

ワクチン賛成派「新型コロナに感染したいのか!?」

ワクチン反対派「俺は実験台になんかならねえ!!」

抗議デモ主催者「ワクチン接種の有無で差別することは間違っています」

その抗議デモ参加者の中には、耳を疑うような主張をする人もいました。

デモ参加者「インターネットで、多くの人が接種した腕にスマホやフォークがくっついたり、メダルやスプーンがくっついたりしている。ワクチンに入っている成分が、あなたをゾンビに変えるらしいわ」

この主張の要因となっているのが、アメリカで数え切れないほどネット上に投稿されている、「マグネット・チャレンジ」と呼ばれる動画です。磁石や金属片のようなものをワクチン接種をした上腕につけて見せるもので、その多くは、ワクチン接種によって金属やマイクロチップが埋め込まれ、体が磁気を帯びるという根拠のない主張をしています。

ほかにも、ワクチン接種後に体が震え始めたと主張する動画などもあり、こうした動画の拡散が、ワクチンを拒否する人を増やす要因になっています。

     ◇

さらに、アメリカの民間調査団体の調査で背後に浮かび上がったのが、誤った情報を発信するインフルエンサーの存在です。

デジタルヘイト対抗センター/イムラン・アーメッドCEO「ネットで共有されている誤情報のうち65パーセント、つまり3分の2が、たった12人により生み出され拡散されたということがわかりました」

その“デマ情報を拡散する12人のうちの1人”とされるのが、テンペニー医師です。

誤情報を拡散のインフルエンサー・テンペニー医師「ワクチンを接種した先生の周りにいる多くの子どもたちが、鼻血を出したり、目が充血したりしています。私たちはワクチンに金属片が入っていると考えています」

調査団体によると、この女性医師は、支持者らに反ワクチンのセミナーを開催して、1人2万円ほどの参加料を徴収し、4000万円以上の荒稼ぎをしたとも指摘されています。

     ◇

誤った情報は、教育現場にまでも影響を及ぼしています。フロリダ州のある私立学校では、ワクチン接種をしないよう生徒や教職員に求めたのです。

学校の責任者「ワクチンには人々を傷つける成分が入っているのです。私は私の免疫システムを信じています。私の免疫は強くてパワフルです」

なぜ、人々はデマ情報を信じてしまうのか。そこには、ネットならではの特性があるといいます。

デジタルヘイト対抗センター/イムラン・アーメッドCEO「(悪い情報のほうが)物議をかもし注目されるものだから、(ネットの)タイムラインの上位に表示されてしまう。真実であるかどうかではなくて、注目度に準じてトップに表示されてしまう。悪い情報が良い情報よりも優先的に拡散されてしまうのです」

イムラン・アーメッドCEOはこのように述べて、“感情をあおる内容ほど広がりやすい”というネットの特性が、誤った情報の拡散に拍車をかけているといいます。

アメリカで若い世代の接種ペースが急速な鈍化を見せる中、日本でもSNSを中心に一部でワクチンに関する誤った情報が広がっていて、問題となりつつあります。