日テレNEWS
国際
2021年8月19日 12:29

ファーウェイ副会長の引き渡し“最終審理”

カナダで拘束された中国の通信機器大手ファーウェイの副会長の身柄をアメリカに引き渡すかどうかについて、カナダの裁判所で行われていた最終段階の審理が18日、終了しました。

ファーウェイの副会長・孟晩舟被告はイランに関連する不正な金融取引を行うため、金融機関に虚偽の説明をしたなどとして、2018年12月、アメリカの要請によりカナダで拘束されました。

孟被告の身柄をアメリカに引き渡すかどうかの審理はカナダの裁判所で今月4日から行われ、18日に終了しました。

審理の中で、孟被告の弁護士は、アメリカの証拠に信ぴょう性はなく「司法手続きの乱用だ」などと訴えたのに対し、地元メディアによりますと、カナダの検察側はアメリカの証拠は詐欺の訴えを起こすのに十分であると主張したということです。

今回の審理をうけた裁判所の判断は10月21日以降に示されるということです。