日テレNEWS
国際
2021年10月13日 5:53

IMF 世界経済成長率5.9%に下方修正

IMF 世界経済成長率5.9%に下方修正
(c)NNN

IMF(=国際通貨基金)は12日、最新の世界経済見通しを発表し、今年の世界全体の経済成長率を5.9パーセントに下方修正しました。日本の成長率の予測も、2回連続で引き下げられています。

IMFの今年の世界全体の成長率の予測は、3か月前の予測から0.1ポイント下方修正されました。

IMFは会見で、「世界経済の回復は続いているが、デルタ株で再拡大したパンデミックによって弱まっている」と述べ、途上国での感染状況の悪化や、先進国での需給の混乱などが原因だと指摘しました。

日本の今年の成長率も、2.4パーセントと、3か月前の予測から0.4ポイントの下方修正となりました。7月から9月にかけての4回目の緊急事態宣言の影響を考慮したとしていて、前回に続き、2回連続の下方修正です。