日テレNEWS
国際
2021年12月25日 4:30

免疫回避の力と感染力の増加で…感染急拡大

免疫回避の力と感染力の増加で…感染急拡大
(c)NNN

新型コロナウイルスのオミクロン株について、WHO(=世界保健機関)は、免疫を回避する力と感染力の増加の組み合わせによって、感染が急拡大しているとの見解を示しました。

これは、WHOが23日付で公表した加盟国向けの報告書で明らかにしたものです。

報告書では、オミクロン株の市中感染が起きている国では、「2日から3日で感染者が倍増している」としています。

その上で、「免疫を回避する力なのか、感染力の増加なのかははっきりわかっていないが、両方の組み合わせによるものだろう」との見解を示しています。

一方、南アフリカでは、初めてオミクロン株が確認された、人口が最も多いハウテン州を中心に、感染拡大のスピードが落ちているとの見方を示しました。