×

「偵察衛星」空中爆発 打ち上げ失敗認める 原因は“開発したモーターの信頼性”

2024年5月28日 2:16
「偵察衛星」空中爆発 打ち上げ失敗認める 原因は“開発したモーターの信頼性”

北朝鮮の国営メディアは、「偵察衛星」を27日夜、打ち上げたものの、飛行中に空中爆発があったと発表し、打ち上げの失敗を認めました。

北朝鮮の朝鮮中央通信は28日未明、西部・東倉里にある西海衛星発射場から27日、偵察衛星を載せたロケットを打ち上げたものの、ロケット1段目の飛行中に空中爆発し、打ち上げが失敗したと明らかにしました。その上で、初歩段階の調査結果として、失敗の原因は、新たに開発した液体酸素と石油を使用するモーターの動作の信頼性にあるとの見方を示しています。

これに先立ち韓国軍は、北朝鮮が27日夜、東倉里周辺から黄海に向けて「北朝鮮が主張する軍事偵察衛星」とみられるものを発射し、打ち上げ2分後には北朝鮮側の海上で多数の破片が探知されたと発表していました。

北朝鮮は27日、日本の海上保安庁に対し、27日午前0時から来月4日の午前0時までの間に衛星を打ち上げると予告していました。北朝鮮による衛星の打ち上げは去年11月以来です。

    • 日テレNEWS NNN
    • 国際
    • 「偵察衛星」空中爆発 打ち上げ失敗認める 原因は“開発したモーターの信頼性”