日テレNEWS
国際
2022年5月11日 20:05

“ゼロコロナ政策”への異例注文 中国政府「無責任な発言」

“ゼロコロナ政策”への異例注文 中国政府「無責任な発言」

中国のいわゆる「ゼロコロナ」政策について、WHO(=世界保健機関)のテドロス事務局長が「持続可能ではない」と述べたことに対し、中国政府は「無責任な発言」だと批判しました。

テドロス事務局長は10日、厳しい制限措置を伴う中国のゼロコロナ政策は「持続可能とは思えない」と述べ、方針を転換すべきだと異例の注文を付けました。

これに対し、中国外務省の報道官は会見で、「事実をもっと理解し、無責任な発言を控えるよう望む」と強く批判しました。

その上で、「中国の大多数の人々は正常な生活を送っており、感染率や死亡率は世界で最も低い水準だ」と述べ、ゼロコロナ政策を正当化し、今後も維持する考えを強調しました。

テドロス氏の発言は、国連が中国のSNSに設けたアカウントにも掲載されましたが、他人に共有する機能が使えなくなっています。

習近平指導部は感染対策に関する異論や批判を許さない姿勢で、インターネット上での統制もさらに強まっています。