×

二酸化炭素の削減と海の環境を守るため FBS「ブルーカーボン活動」本格始動 能古島でアマモ場づくり

2024年5月18日 18:12
二酸化炭素の削減と海の環境を守るため FBS「ブルーカーボン活動」本格始動 能古島でアマモ場づくり

二酸化炭素の削減と海の環境を守るためFBSが取り組む「ブルーカーボン活動」が本格的に始まりました。

18日、福岡市西区の能古島では環境保全に取り組む団体の指導のもとFBSの社員などが水中に生えている海草「アマモ」を採取しました。
アマモなどの海草が二酸化炭素を吸収して海の中に蓄積する炭素を「ブルーカーボン」と呼び、地球温暖化を緩和する効果が期待されています。

FBSはSDGsの一環として「ブルーカーボン活動」に力を入れています。

採取されたアマモは取り出した種をことしの秋以降に海にまいてアマモ場の再生に役立てます。

福岡放送のニュース

  • 日テレNEWS NNN
  • ライフ
  • 二酸化炭素の削減と海の環境を守るため FBS「ブルーカーボン活動」本格始動 能古島でアマモ場づくり