×

  • 日テレNEWS NNN
  • 政治
  • こども家庭庁 初の概算要求 未就園児の定期預かりモデル事業など盛り込む

こども家庭庁 初の概算要求 未就園児の定期預かりモデル事業など盛り込む

2022年8月30日 17:18
こども家庭庁 初の概算要求 未就園児の定期預かりモデル事業など盛り込む

政府が、来年4月の設置を目指すこども家庭庁が、来年度予算として、4兆7510億円の概算要求を行うことがわかりました。

こども家庭庁は、子ども政策を一元的に担うことから、概算要求には厚生労働省や文部科学省などから移管される予定の関連予算が計上されています。移管予定分の今年度予算は4兆6871億円で、来年度は639億円増の4兆7510億円を要求します。

これに加えて、概算要求の段階では額を明示しない事項要求も多く、年末の予算編成の段階で全体の金額が決まります。

保育所の空きを利用して、保育所や幼稚園に通っていない未就園児を定期的に預かるモデル事業を実施することや、いじめへの学校外からのアプローチとして、自治体に助言を行ういじめ調査アドバイザーの導入を行うとしています。

また、幼稚園や保育所、認定こども園など施設の類型を超えて、全ての子どもの育ちを支えるための指針を策定し、普及していくことも盛り込みました。