日テレNEWS
政治
2010年3月11日 1:50

シュワブ陸上案は「理解不能」~沖縄県知事

シュワブ陸上案は「理解不能」~沖縄県知事
(c)NNN

 アメリカ軍普天間基地(沖縄・宜野湾市)の移設問題で、沖縄・仲井真県知事は10日、平野官房長官と会談し、政府・与党内で有力視されているキャンプ・シュワブ(沖縄・名護市)陸上案について「理解不能だ」と述べ、反対する考えを伝えた。

 「陸上案というのが2種類ぐらいあるようだが、こういうものはとても理解が不能だ。危険とかいろんな面からみて、(滑走路は)海側に出すんであって、人が住んでいる陸側に出すのは、ベクトルが全く逆ですよという感じのことは申し上げました」-仲井真知事はこのように述べ、政府・与党内で有力視されているキャンプ・シュワブ陸上案には反対する考えを表明した。

 キャンプ・シュワブ陸上案は、現在ある基地の中に建設するため、県知事が反対しても許可を取らずに建設できることから、政府・与党内で有力視されている。

 一方で、仲井真知事は、平野官房長官が独自に検討を進めている沖縄・うるま市のホワイトビーチや津堅島の周辺を埋め立てて移設する案については、「正確な図面を見せてもらわないとコメントできない」と述べ、賛否の明言を避けた。