日テレNEWS
政治
2012年3月7日 23:51

退職給付 民を国家公務員402万円上回る

退職給付 民を国家公務員402万円上回る
(c)NNN

 10年度に退職した国家公務員一人当たりに給付された退職金と共済年金の総額が民間企業を402万円余り上回っていたことが、人事院の調査で明らかになった。

 これは、人事院が去年10月~11月、全国の従業員50人以上の民間企業約3600社を対象に実施した調査でわかったもの。それによると、10年度の民間企業の退職金と公務員の共済年金に当たる企業年金の給付総額は、一人当たり約2548万円だった。一方、国家公務員の給付総額は約2950万円で、民間企業を402万円余り上回った。

 この調査結果を受けて、人事院は7日、国家公務員の退職給付総額の引き下げを求める意見書を財務省と総務省に提出した。政府も、関連法案改正の検討作業に入った。