日テレNEWS
政治
2014年11月7日 17:27

労働者派遣法改正案 与野党の対立続く…

労働者派遣法改正案 与野党の対立続く…
(c)NNN

 労働者派遣法改正案を審議する衆議院の厚生労働委員会で野党側は与党側の審議の進め方は早急だと反発し、審議を欠席している。

 民主党・山井和則理事「今回は2回目です、まだ審議が。その時に総理大臣を入れて、強行に審議をやるのは本当にあり得ない話だ」

 野党側は、5日の塩崎厚労相の答弁に誤りがあったとして訂正と謝罪を求めた他、7日、安倍首相が出席しての審議を行うのは早急だとして委員会を退席した。塩崎厚労相は委員会の冒頭で「誤解を招く恐れがあった」などと陳謝したものの、野党側は審議に応じなかった。

 こうした中、与野党の国対委員長が会談し、自民党は来週以降も審議を行うと提案した上で審議に応じるよう理解を求めたが、野党側は納得しなかった。

 このため、午後の委員会では安倍首相出席のもと、与党だけで審議を行った。与党側は、改正案をあくまでも今月30日までの今の国会で成立させたい考えだが、審議は大幅に遅れており、今の国会中の成立は微妙な情勢。